祝祭に彩られた冬のパリ クリスマス~新年のイベント情報

2階建てバス「オープン・ツアー」で光のパリを巡る
エッフェル塔と回転木馬
Press kit

冬のパリは街中が色彩に溢れ、建物や城館は燦然と輝きます。「光の都」と呼ばれるパリがもっとも輝く時、それがクリスマスから1月にかけての今の時期なのです

そもそもパリが「光の都」と呼ばれるようになった由縁とは?それは、ルイ15世治下、犯罪防止のために当初フランスで初となる警察代理官が街路の隅々まで提灯・行燈を設置することを人々に命じたことから始まりました。その頃パリを訪れた異邦人にとって「夜でも明るい街」のイメージが印象づけられるようになったのです。今日ではパリのシャンゼリゼ通りに世界中から往来があり、高級デパートや歴史的建造物の前では夜のライトアップでクリスマスムードを盛り上げるようになっています。

クリスマスから1月にかけてのイルミネーション、スペクタクル、パリ周辺の散策など、様々な見どころをご紹介するプレス資料をお届けします。