Tous les articles

RODIN_JARDIN

オーギュスト・ロダンロダン没後100年

上野の国立西洋美術館の前庭を飾るブロンズ像「考える人」の作者、19世紀を代表する彫刻家オーギュスト・ロダンは、ちょうど100年前の1917年11月17日、パリ南西にあるムードンの地で亡くなりました。77歳でした。  没後100年を記念し、彫刻をはじめいろいろな分野で、ロダンをしのぶイベントが繰り広げられています。

ルーヴル美術館

どの君主よりパリを愛したナポレオン一世

ナポレオン・ボナパルトは、もとはといえばイタリア系のコルシカ貴族の出身です。ところが、どのフランス君主より、パリとその住民を愛していました。フランス革命期に頭角をあらわし、1802年、彼は統領政府の終身統領として絶対的な権力を握りました。その時、「パリをより美しくするためには、建てるものより、壊さなければならないものが多い」と言い切ったといわれます。

ヴェルサイユ宮殿

太陽王ルイ14世の遺産はいたるところに

ヴェルサイユ宮殿

 フランス文化の源流は宮廷文化。そしてフランスの王様といえば、ルイ14世(在位1638―1715)です。ブルボン朝の三代目、王朝の最盛期を築き、太陽王(Roi-Soleil)とよばれました。日本でいえば、3代将軍家光から5代、生類憐みの令の綱吉の時代にあたります。

2017年度 新・フランス観光親善大使/新・スローガン

Press release

フランス観光開発機構は2017年3月15日、 2017年度観光キャンペーン「フランス経由、新しい私」の記者発表会を実施いたしました。

公式サイトおよびSNSを中心に展開する当キャンペーンは、 「体験」をテーマに9つの旅の体験素材を紹介するほか、 「フランス体験レポーター」を今年も2組4名募集いたします。

パリ・最新プレス資料(2017年)

News

★アコモデーション ★食の楽しみ ★ショッピング ★ナイトライフ ★一味違うパリの楽しみ方
分野ごとに分かれた新着情報(日本語)を、是非ご活用下さい。
※Japaneseという資料が各項目用意があります。

シテ・デュ・ヴァン(ワイン総合施設)

News

ボルドーは、ガロンヌ河岸に建つ見事な近代建築は、高さ55メートルの9階建て、2016年にオープンしたばかりです。 ワインをテーマに人々が交流し、さまざまな感覚を刺激してワインを愉しむことを目的に建てられました。 堂々と立ち上る塔状の建物は、ガラス板と穿孔アルミ材を組み合わせて作られ、非常に独特な造りをしています。

ガレット・デ・ロワで彩られるフランスの1月

News

日本では来る3月3日のひなまつりを雛あられでお祝いするように、 クリスマスが終わった後のフランスでは、街中がガレット・デ・ロワで彩られます。 近年日本のパティスリーでも見かけるようになったこの伝統菓子の行事をご存知でしょうか。

デザインに溢れる街、マルセイユ

News

マルセイユ市民の建築・デザイン愛

マルセイユは2600年もの歴史を誇るフランス最古の街でありながら、非常にモダンで時代のトレンドに乗った街でもあります。ここ数年来、マルセイユは建築・デザインと愛ある物語を紡いできました。

Pages