オリンピックは東京からパリへ

Paris2024の旗を掲げるエッフェル塔
アンヴァリッドではアーチェリーの競技が行われる
ヴェルサイユ宮殿の庭園は乗馬競技の会場となる
グラン・パレで行われるのはテコンドーとフェンシング
エッフェル塔の真下で行われるのはビーチバレー
Paris2024競技会場マップ
Press release
2021年8月8日、Tokyo2020 の閉会式でオリンピック旗が正式に東京からパリへと引き継がれ、フランスは次回夏季オリンピック・パラリンピック(第33回オリンピック大会)の開催国として準備を加速させます。フランスで行われた最後の夏季オリンピックからちょうど100年後に行われる Paris2024 はフランス史上最大のイベントとして、2024年7月26日(金)から8月11日(日)まで開催されます。
2024年パリ大会は、包括的かつインタラクティブで持続可能なスポーツの祭典であることを目指します。完全なジェンダーバランスとカーボンニュートラルを実現する初のオリンピック大会となり、一般参加が可能となる初の大会となります。

様々な困難と延期を乗り越えた東京大会の後を引き継ぎ、フランスは若い世代の熱意に相応しい新たなオリンピックモデルで世界を驚かせることを目指しています。東京大会でオリンピックに初登場したスケートボード、スポーツクライミング、サーフィンに加え、パリ大会ではもう一つのダイナミックなスポーツとして、ブレイクダンスの競技形態であるブレイキングが新たに加わり、正式な競技数は32となります。

また、地域社会とのつながりを取り戻し、より多くの人々と大会を共有するという精神のもと、オリンピック史上初めて、マラソンと自転車ロードレースにパブリックバージョンが導入されます。これは、一般の方がメダルレースと同じ日、同じコース上で選手の足跡を辿ることができるというものです。また、セレモニーにも新たなコンセプトを取り入れ、祭典を一つのスタジアムに閉じ込めるのでなく、公共の場で人々に伝えることを目指します。

また、パリ2024は会場の面でも創造性と包括性を発揮し、首都パリの伝統的なスポーツ会場だけでなく、美しいランドマークや、パリ以外の地方都市や海外領土が舞台となります。エッフェル塔の下でのビーチバレー、アンヴァリッドで行われるアーチェリー、コンコルド広場でのBMXフリースタイル、グラン・パレでのフェンシングやテコンドー、ヴェルサイユ宮殿での馬術など、スポーツと文化遺産が思いがけない形で融合します。

さらに、ナント、ボルドー、リヨン、ニース、マルセイユではサッカーの試合が開催され、マルセイユではセーリング競技も行われます。これらの大会は環境に配慮したもので、ニーズの95%を既存インフラを最大限に活用する形で賄い、地元住民が必要とする施設のみを建設します。これにより2024年パリ大会の二酸化炭素排出量は、過去のフランス大会の半分になります。

パリで夏季オリンピックが開催されるのは3回目であり、前回の1924年以来100年ぶりとなります。前回1924年大会当時のプログラムはわずか17競技126試合でしたが期間は4ヶ月間にも及びました。3,089名の選手のうち女性は135名に過ぎませんでしたが、この大会は世界的に注目を集め、全大陸から44カ国が選手を派遣しました。パリは、1924年以降のすべての大会で採用されている「オリンピック村」という概念を生み出した都市でもあります。また、1924年にフランスの山岳リゾート地シャモニーで第1回冬季オリンピックが開催されてから1世紀が経ちます。

近代オリンピックの歴史の中でフランスが重要な位置を占めているのは、国際オリンピック委員会(IOC)を設立したフランスの教育者・歴史家のピエール・ド・クーベルタン(1863-1937)の存在に大きく依るもので、彼が1894年にパリのソルボンヌ大学で開催した会議にて、4年に1度、古代スポーツでなく現代スポーツのプログラムでオリンピックを開催することが決定されました。「ピエール・ド・クルベタン・メダル」は、クーベルタン・メダルとも呼ばれ、オリンピックでスポーツマンシップの精神を発揮したアスリートにIOCから贈られる賞です。

パリ2024大会では国内のパートナーシップによる収入6億ユーロをすでに確保しており、2021年末までに総予算の3分の2を確保することを目標としています。オリンピックのマスコットは2022年の秋に公開され、2023年には1,350万枚のチケットが一般販売される予定です。

www.paris2024.org