エールフランス航空、来年5月14日に日本初の特別チャーター便を成田-トゥールーズ間で運航

エールフランス航空日本支社で契約調印を行うワールド航空サービス代表取締役社長松本佳晴氏と エールフランス航空KLMオランダ航空日本支社長ステファン・ヴァノヴェルメール
写真左から:ワールド航空サービス代表取締役社長松本佳晴氏、 Air France-KLMアジア太平洋地区担当副社長アントワーヌ・プシオ、 フランス観光開発機構在日代表フレデリック・マゼンク、 エールフランス航空KLMオランダ航空日本支社長ステファン・ヴァノヴェルメール
エールフランス航空日本支社で契約調印を行うワールド航空サービス代表取締役社長松本佳晴氏と エールフランス航空KLMオランダ航空日本支社長ステファン・ヴァノヴェルメール
オクシタニー地方、首府トゥールーズのキャピトール広場。
日本旅行業協会(JATA)の「ヨーロッパの美しい村30選」に選ばれたオクシタニー地方のサン・シル・ラポピー
Press release

フランス観光開発機構との協力でフランス南西部のオクシタニー地方の観光を振興

 エールフランス航空は日仏160周年を記念し、2019年5月14日に日本初となる成田発トゥールーズ行き特別チャーター便を運航します。今回のチャーター便オーナーはワールド航空サービスです。運航に先立ち、2018年11月21日、ワールド航空サービス代表取締役社長松本佳晴氏とエールフランス航空KLMオランダ航空日本支社長ステファン・ヴァノヴェルメールが契約書の調印式を行いました。 チャーター便の機材はボーイング777-300全296席、4クラスでファーストクラスのラ・プルミエール4席、ビジネスクラス58席、プレミアムエコノミークラス28席、エコノミークラス206席です。成田国際空港を13時35分に出発し、トゥールーズには現地時間同日の20時5分に到着予定です。

 この企画はエールフランス航空、フランス観光開発機構、ワールド航空サービスの共同ツアー企画として実現しました。さらに、フランスのオクシタニー地方圏議会とオクシタニー地方観光局が全面的なサポートしています。オクシタニー地方観光局では遠距離市場の中で日本を優先市場と位置付け2016年より精力的なプロモーションを展開するほか、今年6月には地方圏議会議長キャロル・デルガ、同副議長ナディア・ペルフィーグの来日により、当企画の実現へと進展しました。

 フランス南西部のオクシタニー地方には、ばら色の街トゥールーズを始めピレネー山脈と地中海が織り成す風光明媚な人気の観光地や、ポン・デュ・ガールやガヴァルニー圏谷、アルビ、カルカッソンヌなど8つの世界遺産があります。ツアーの2日目には参加者全員を招待してトゥールーズ市内にあるオクシタニー地方議会庁舎で歓迎レセプションが予定されています。 直行チャーター便特別企画として南西フランス、スペインとバスク地方、アルザス地方などを巡る魅力的な9つのツアー旅行をワールド航空サービスが発案しました。(詳細は:http://wastours.jp

 日本初となる特別チャーター便の運航に関して、エールフランス航空KLMオランダ航空日本支社長、ステファン・ヴァノヴェルメールは次のように語りました。「1日最大4便の日本発パリ行きの通常運航便に加えて、この度関係者の方々のご尽力のおかげで初めて日本発特別チャーター便を運航することになり、大変嬉しく思います。成熟した日本市場ではフランスの魅力的な地方都市を含む、よりテーラーメードでハイクラスなツアー旅行の需要が高くなっています。」

フランス観光開発機構総裁のクリスチャン・マンテイは次のように語りました。「日本のお客様はフランスの地方と文化遺産への関心が高い。そんなお客様の期待に応え、フランス旅行の選択肢が広がるチャーターフライトの運航を心から歓迎します」。