VIVA LEONARDO DA VINCI ! サントル・ヴァル・ド・ロワール地方 ルネサンス500年祭 12月6日にフランス大使公邸でキックオフイベント

Press release

2019年はレオナルド・ダ・ヴィンチがフランスのアンボワーズで死去してから500年、シャンボール城の築城開始から500年、さらにのちにフランス王妃となるカトリーヌ・ド・メディシスが誕生してから500年という節目の年にあたります。この3つの事象はいずれも、フランス、とくにサントル・ヴァル・ド・ロワール地方におけるルネサンス文化の始まりを象徴しています。

この地に作られた庭園、城館、王の邸宅を中心に花開いたルネサンス文化の高揚を祝し、当地では2019年を「Viva Leonardo da Vinci !サントル・ヴァル・ド・ロワール地方ルネサンス500年祭」とし、地方全域で約700のイベントが繰り広げられます。展覧会、スペクタクル、テーマ別見学コース、デジタルツールを駆使した見学、造園、国際的な科学技術講演会、光と音のショーなどが実施されます。

プログラムの全貌は12月初旬に明かされますが、対象となるイベントはルネサンスに関連した史跡見学だけなく、現代アートの展示、美術館・博物館と幅広い分野におよびます。 既に2018年9月より、ルネサンス500年祭をフランス国外でPRするため、サントル・ヴァル・ド・ロワール地方の関係者が11ヶ国17カ所を巡る「ダヴィンチ・ツアー」を展開しています。このツアーが日本に上陸するのは2018年12月6日。同日、都内のフランス大使公邸にて、ローラン・ピック駐日フランス大使ご臨席のもと、500年祭のキックオフイベントを開催いたします。

サントル・ヴァル・ド・ロワール地方とフランス観光開発機構の共催となるこのイベントでは、サントル・ヴァル・ド・ロワール地方観光局会長ピエール=アラン・ロワロン率いる来日団よりルネサンス500年祭の主要プログラムが発表されるほか、ロワール流域に位置する代表的な5つの城の関係者らが、ルネサンスにまつわる3つのテーマ(「レオナルド・ダ・ヴィンチ」、「カトリーヌ・ド・メディシス」、「ロワール流域の庭園」)に沿って現地の見どころについて語ります。 同時にルネサンス時代の食の試食とワインの試飲、アレックス・マクリーヌによる写真展、ロワールの城館で使われる次世代見学ツール「ヒストパッド」Histopadの実演を通して、イベント参加者は2019年のルネサンス・イベントを一足先に体験することになります。


「VIVA LEONARDO DA VINCI ! TOUR」
イベント実施日:2018年12月6日(木)
場所:フランス大使公邸
来場想定人数:80名(報道関係者、旅行業関係者)

サントル・ヴァル・ド・ロワール地方観光局 来日団

  • Pierre-Alain ROIRON, Président du CRT Centre-Val de Loire
    ピエール=アラン・ロワロン(サントル・ヴァル・ド・ロワール地方観光局会長)
  • Marc METAY, directeur-adjoint du Château royal d’Amboise
    マルク・メタイ(アンボワーズ城)
  • Gaël IBRAMSAH, Directeur Commercial & Marketing au Château du Clos-Lucé
    ガエル・イブラムサ(クロ・リュセ城)
  • Caroline LAIGNEAU, propriétaire du Château du Rivau
    カロリーヌ・レニョ(リヴォ城)
  • Sophie LE BERRE, project coordinator Asia au Domaine régional de Chaumont-sur-Loire
    ソフィー・ル・ベール(ショモン・シュル・ロワール城)
  • Caroline DARRASSE, directrice des relations publiques du Château de Chenonceau
    カロリーヌ・ダラッス(シュノンソー城)
  • Marie-Estelle BEAUDOIN, Directrice du CRT Centre-Val de Loire
    マリー=エステル・ボードワン(サントル・ヴァル・ド・ロワール地方観光局局長)
  • Estelle VANDENBROUCQUE, chargée de relations presse au CRT Centre-Val de Loire
    エステル・ヴァンダンブルック(サントル・ヴァル・ド・ロワール地方観光局 プレス担当)
  • Mathilde MICHAUT, Histovery
    マチルド・ミショー(ヒストヴリー社-ヒストパッド開発社)
  • Raphaël MARCHOU, Histovery
    ラファエル・マルシュー(同上)