知られざるフランスの郷土菓子

News

ボルドーのカヌレやブルターニュのクイニー・アマンなどは既に日本でもおなじみですね。最近はアンジェの青いチョコレート、ケルノン・ダルドワーズに注目が集まりました。 知られざるフランス郷土菓子がまだあるのではと、フランス各都市観光局の広報担当に地元が誇るスイーツを教えてもらいました。全部ご存じな方は相当なフランス通といえるでしょう。

報道向けの画像提供も行っておりますのでお問合せください。


Aix-en-Provence / Calisson d'Aix

エクス・アン・プロヴァンスのカリソン
エクス・アン・プロヴァンスのカリソンは、メロンの砂糖漬けと細かく砕いたアーモンドを混ぜてペースト状にしたものに、粉砂糖と卵白を混ぜた糖衣をかけた繊細なお菓子。舟形のこの菓子は15世紀から続くエクス・アン・プロヴァンスの伝統菓子です。ルネ・ダンジュー(善王ルネ)が二度目の結婚でジャンヌ・ド・ラヴァルと結婚式を挙げた時、愛想のないジャンヌを喜ばせるため王が特別に作らせたお菓子だったそう。 詳しく見る
カリソン・デクス
©Calisson du Roy Rene

Angers / Quernon d'ardoise

アンジェのケルノン・ダルドワーズ
アンジェに来てケルノン・ダルドワーズを味わわずして帰るのはじつにもったいないこと。四角形のアーモンドが入った薄い砂糖菓子の外に青色のチョコがコーティングされています。アルドワーズとは地元の屋根瓦に使われるスレート石(粘板岩)のことで、その形状を模したお菓子なのです。
詳しく見る
ケルノン・ダルドワーズ
©Les_Conteurs-Destination_Angers

Avignon / Papaline d’Avignon

アヴィニョンのパパリーヌ
このチョコレート菓子は1960年にヴォークリューズ県の菓子職人らが生み出したアヴィニョン銘菓です。菓子の名前に「Pap」とあるように、14世紀にアヴィニョンに教皇庁が置かれた歴史を偲ぶものとなっています。赤色のアザミの形状をしたお菓子は二種のチョコレートをまとい、ヴァントゥー山の斜面で採れる約60の薬草を漬けたリキュール「オリガン・デュ・コンタ」が浸み込ませてあります。
パパリーヌ
©f.olliver-avignon tourisme

Bordeaux / Canelé

ボルドーのカヌレ
日本でも目にする機会が多い「カヌレ」はボルドーのお菓子で、波型の形状はこの街の優雅さそのものと言えるでしょう。ラムとバニラの風味が漂うカラメル状の小さなお菓子はどんな時にも簡単につまめるので、旅先のお菓子屋さんで見つけたらいろいろ食べ比べてみたいものです。
詳しく見る
カヌレ
©David Remazeilles

Dijon / Nonnettes

ノネット
ディジョンのノネットは、この街のスペシャリティであるパン・デピス(小麦粉と蜂蜜がベースのスパイスケーキ)の中にジャムを詰め、外側を砂糖がけした郷土菓子です。老舗のミュロ・エ・プティジャンが伝統的な製法で作り続けています。もともと若い修道女(nonnette)により作られていたことから、それがお菓子の名前になりました。今では中がジャムでなく、キャラメルやチョコレートになっているものもあります。さらに中のジャムがないバージョンもあり、エポワスのようなチーズを詰めてオーブンで焼けば立派な一品になります。
詳しく見る
ノネットのエポワス仕立て
©Mulot & Petitjean

Grenoble / Tarte aux noix

グルノーブルのクルミのタルト
グルノーブルの周辺はイゼール県ドーフィネ地区で獲れる「グルノーブル・クルミ」が1938年より原産地保護呼称AOPに指定されるほど有名なクルミの産地。こちらの銘菓はもちろんそれをふんだんに使ったタルトです。サブレ生地の中にクルミ、生クリーム、バター、砂糖と蜂蜜を混ぜた中身がぎっしり詰まっています。じつは地元のブルー・デュ・ヴェルコール、サン・マルセランなどのチーズと一緒に焼いた塩気のきいた食事用バージョンのクルミタルトもあり。
詳しく見る
クルミのタルト(タルト・オ・ノワ)
©Céline Mennetrier

La Rochelle / Galette charentaise

ラ・ロシェルのガレット・シャランテーズ
ラ・ロシェルの銘菓は小麦粉、卵、バター、アンゼリカの砂糖漬けから作られる「ガレット・シャランテーズ」は1848年から続く伝統菓子。柔らかい口当たりのサブレは世代を越えて愛され、今や様々なフルーツや塩キャラメル味なども出回っています。
詳しく見る
ガレット・シャランテーズ
©Cécile COLLOT

Lille / Gaufres

リールのゴーフル
フランスで最も古い菓子店(創業1761年)のメールが作るゴーフルは、ドゴール将軍、ウィンストン・チャーチル、ジャッキー・ケネディ、歌手のアラン・スッション、作家のアメリ―・ノートンまで幅広い人を魅了してきました。定番は平たい形でマダガスカル産バニラクリームが挟まれていますが、今やそのバリエーションは多く、スペキュロス、ピスタチオ、ラムレーズン、ライスパフのプラリネ味などがあります。
詳しく見る
老舗店メールのゴーフル
©Meert_Hellolille

Marseille / Navette de Marseille

マルセイユのナヴェット
マルセイユの伝統菓子は、200年前から伝わる船の形をした硬いビスケット。オレンジ花水がほのかに香り長持ちするお菓子です。2月2日の聖マリアお潔めの祝日に食べられますが、好きな人はもちろん年中食しています。
マルセイユのナヴェット
©OTCM

Mulhouse / Bredala

ミュールーズのブレダラ
ブレダラは小さなビスケットでクリスマス前の待降節の時期に作られます。レシピは無限にあり、バター、シナモン、アニス、クルミ、ヘーゼルナッツなどが入ります。このブルデラづくりを家庭で行いながらクリスマスを待つのがアルザスの伝統なのですが、クリスマスマーケットでもたいへん美味しいブレダラを求めることができます。
詳しく見る
ブレダラ
©OTC Mulhouse et sa région

Nantes / Le Gâteau Nantais

ナントのガトー・ナンテ
ナントの銘菓は、ラム酒とレモン風味のケーキの上に砂糖で衣掛けされた「ガトー・ナンテ」。18世紀に三角貿易で栄えた港町ゆえ、アンティーユ諸島から運ばれた砂糖きび、ラム酒、ブルボンバニラが、この高級菓子の発祥につながったとされます。ナントのお菓子屋で様々なバリエーションに出会えます。
詳しく見る
ガトー・ナンテ
©Patrick Gérard_LVAN

Nice / La tarte au citron

ニースのタルト・オ・シトロン
ニースの名物はレモンタルト。太陽に恵まれた地元のレモンをたっぷり使ったお菓子です。土地の食材を使って伝統料理のレシピを守りながら食品を提供する店に与えられるラベル「キュイジーヌ・ニッサルド」でもこのお菓子を扱っています。 詳しく見る
タルト・オ・シトロン
©OTMNCA / J. Kelagopian

Nîmes / Les Croquants Villarets

ニームのクロッカン・ヴィラレ
ニームのお菓子屋さんメゾン・ヴィラレで1775年から門外不出のレシピで作られるクロカン・ヴィラレ。こんがり焼けた小さなビスケットはカリカリの食感が特徴で、紅茶やコーヒーに浸して食べたりします。
詳しく見る
クロカン・ヴィラレ
©OT Nîmes

Poitiers / Macarons de Montmorillon

ポワティエのマカロン・ド・モンモリヨン
ポワティエの銘菓は老舗のラヌー・メティヴィエが2世紀前から5世紀に渡り秘伝のレシピを守る「マカロン・ド・モンモリヨン」です。アーモンド風味が優しく広がるこのお菓子は季節により様々なフレーバーが出現します。店は「今に生きる伝統企業」の認証を受けています。
詳しく見る
クロカン・モンモリヨン
©Rannou Métivier

Rennes / Le Kouign Amann

レンヌのクイニー・アマン
レンヌで食べたいのはブルターニュの銘菓クイニー・アマンKouign-Amannです。ベースはパン生地に砂糖とバターを混ぜたもので覆ってパイ生地のように折り畳みます。焼くとカラメル状になり、外はさくさく中はしっとりというえもいわれぬ食感のお菓子に仕上がります。名前の中の「クインKouing」はブルターニュ語でお菓子やブリオッシュ、「アマンAmann」はバターを意味しています。
詳しく見る

Saint-Etienne / Bugnes de Saint-Etienne

サン・テティエンヌのビューニュ
謝肉祭の頃になると、町じゅうに揚げ菓子の香が立ち上り素敵な季節を迎えます。サン・テティエンヌではとくにふっくらと柔らかい揚げ菓子ビューニュが出回ります。簡単に作れるに美味しいこのおやつは気さくなサン・テティエンヌ人気質をよく表しています。 詳しく見る
ビューニュ
Photo : Libre de droit

Strasbourg / Le Kougelhopf

ストラスブールのクグロフ
アルザス銘菓クグロフは、干しブドウが入ったブリオッシュ。アペリティフやデザートのほか、現地では朝食にも登場します。家庭内で食べても良し、パーティーに出して良しの万能型スイーツです。伝統的な絵柄でストラスブール近郊スフレンハイムで作られた陶器のクグロフ型はお土産にもぴったりです。
クグロフ
©F. Fessler/ADT

Toulouse / Le Fénétra

トゥールーズのフェネトラ
「ガトー・デュ・フェネトラ ® 」は、アーモンド、レモン、アプリコットがベースの軽い触感のケーキで夏が来ると食べたくなるトゥールーズの伝統菓子です。タルト生地、レモンのジャムとレモンコンフィをアーモンドのダコワーズ生地が覆っています。古くはガロ・ローマ時に死者の祭りの際に食べられていたもので、後にトゥールーズの人たちにとって日曜の家族ぐるみの食事の席に必ず登場するデザートになりました。ちなみに1963年にオット・ガロンヌ県の製菓業者が商標登録しています。
詳しく見る
フェネトラ®
©Chloé Sabatier - Agence d'attractivité Toulouse

Tours / Le Nougat de Tours

トゥールのヌガー
ヌガー・ド・トゥールは通常のヌガーとは違い、タルト生地、アーモンドプードルのねっちりした生地の中に、アプリコットジャムとフルーツコンフィを挟んだ日持ちするケーキ。その由来は、アーモンドとフルーツコンフィが好きだったレオナルド・ダ・ヴィンチがアンボワーズに滞在した16世紀に遡ると言われます。1990年代に星付きシェフ、シャルル・バリエがレシピを掘り起こして有名になったお菓子です。アンドル・エ・ロワール県内で約20軒のお店がこのお菓子を作っています。詳しく見る
ヌガー・ド・トゥール
©Sandie Gaud

Versailles / Le Macaron

ヴェルサイユのマカロン
フランスにおけるマカロンの歴史が16世紀に遡ることをご存知でしょうか。丸くて小さくさくっとした歯触りのビスキュイである「マカロン」をフランス人に伝えたのがフィレンツェ出身の女王カトリーヌ・ド・メディシスでした。マカロンはイタリアに中世から存在する、アーモンド、砂糖、卵白からなるお菓子でした。パリの有名な菓子店ダロワイヨの祖先は、美味なるマカロンをフランス王ルイ14世と女王マリー=アントワネットに献上していたそう。この時代からマカロンのレシピは発展を遂げ、今日では異なる形となって私たちの知るものとなっています。
マカロン

Contact

フランス観光開発機構 広報部
106-8514
Tokyo
Minatoku
4-11-44, Minamiazabu
Atout France (c/o Ambassade de France au Japon)
Japan