Welcome to JP Media

No front page content has been created yet.

2016年10月 パラス審査委員会の最終審査の結果、新たに4軒のホテルが「パラス」の称号を5年間にわたり交付されることに。

ジェラール・コロン元老院議員・リヨン市長 リヨン大都市圏議会議長は、 10月1日から8日の日程で大規模な公式代表団を率い5度目の訪日を実施しました。 外交や経済の分野で日本の要人各位との会合を行い、 「シテ・アンテルナショナル・ド・ラ・ガストロノミー・ド・リヨン(Cité Internationale de la Gastronomie de Lyon)/リヨン国際美食館」...

フランス観光開発機構が2013年に開始した「フランス女子会」キャンペーン。 今年のデスティネーションは、食いしん坊の旅としてぴったりなフランス南東部のローヌ・アルプ地方。 モニターの一人、平野紗季子さん(生粋のごはん狂として数々の雑誌で執筆)と 河村沙希さん(元WWDのライターで現My Little Boxのエディター)は、 二人の独特な鋭い視線で、旅中に旅の様子をSNSで配信。...

日本最大の旅行博であるツーリズム EXPO ジャパン 2016 のフォーラムに 5年ぶりに参加したフランス観光開発機構ですが、 開会式において、日本人旅行需要の回復に向けた取り組みが評価され「ツーリズムEXPOジャパン2016特別賞」を受賞いたしました。 また、総裁のクリスチャン・マンテイも訪日し、当見本市への参加のほか、在日旅行業関係者や JATA との会談にも参加いたしました。

2016 年9月23日、東京ビッグサイトで開催されたツーリズムEXPO ジャパンの会場にて エールフランス航空とフランス観光開発機構日本事務所がパートナーシップ協定補完合意書に調印いたしました。 これは、両団体の日本事務所の間で共同プロモーション事項を定めた年次パートナーシップ協定の内容を補完するもので、 6 月30 日、エールフランス-KLM グループ旅客営業・...

Latest news

サヴォア邸

ル・コルビュジェの建築群が世界遺産に

News

ル・コルビュジエは主にフランスで活躍した建築家で、近代建築三大巨匠のひとりと呼ばれ、 「住宅は住むための機械である(Machine a habiter)」という思想のもと、鉄筋コンクリートを使った建築作品を数多く作り、今ではその多くが歴史的建造物として保護されています。

マルセイユ観光局プレス資料 What's New in Marseille 2017

Press kit

今ホットな旅先として注目を集める南フランスの地中海都市マルセイユ。 昔ながらの旧港風景はそのままに、2013年の「欧州文化首都」に制定されて以来、現代建築のショーケースのように新たな美術館や博物館スペースが誕生しています。 2016~2017年の新着情報を、マルセイユ観光会議局よりお届けします。