Welcome to JP Media

No front page content has been created yet.

フランス絶景街道

新しい時代には新しい旅のスタイルを。フランス観光開発機構ではアフターコロナの旅のスタイルのひとつとしてドライブ旅行を推進し、プレス資料「フランス絶景街道~Self Drive Collection」を発表いたします。5つの地方観光局が日本の旅行者をイメージしながら特別に選んだ個性豊かなドライブルート集です。ルート提案はもちろん、取材として掘り下げたいテーマ、絶景スポット、食、おみやげ、...

Nouveautes2022

2022フランスで予定される施設のオープン情報、イベント情報をお伝えします。

  • 文化施設、イベント、展覧会
  • 持続可能な観光その他のイニシアティブ
  • 周年行事
  • グルメ&ショッピング
  • フェスティバルとスポーツイベント
  • ホテル
  • 2022年以降のイベント...
城址公園からプロムナード・デ・ザングレを見下ろす

2021年7月16日~31日まで開催された第44回世界遺産委員会にて、フランス国内の4つの案件があらたに世界遺産登録を受けました。この時点でフランスの世界遺産登録件数は、文化遺産42、自然遺産6、複合遺産1、計49件となりました。

ヴィシー、ヨーロッパの偉大な温泉都市 Vichy, Grandes villes d’eaux d’...

Main visual

観光産業はコロナ禍で最も深刻な影響を受けた業種のひとつでしたが、フランスの国内総生産の7.5%を占め、200万人の雇用を有する観光産業の再スタートは、コロナ後の経済復興の鍵を握っています。経済活動の再開は、フランスの観光事業者たちに現在の社会の諸問題を認識させる機会ともならなければいけません。とりわけ持続可能性や責任といった問題に配慮することは、...

フランス観光開発機構 総裁 カロリーヌ・ルブシェ(左)と辻仁成氏(右)

フランス国家唯一の観光推進機関であるフランス観光開発機構(アトゥー・フランス 本部パリ)は、2021年5月28日、フランス在住の作家・ミュージシャンの辻仁成氏を2021年度フランス観光親善大使に任命いたしました。

フランス観光親善大使のタイトルは2000年、フランス観光開発機構の前身であるフランス政府観光局が創設し、...

Latest news

Cover-PressKit

ブルゴーニュ・フランシュ・コンテ~食のよろこび(プレス資料)

Press kit

ブルゴーニュ・フランシュ・コンテはフランスの北東に位置する広大な地域圏で、2016年にブルゴーニュ地域圏、フランシュ・コンテ地域圏の二つが合併し誕生しました。 当地方では域内を3つのエリアに分けブランド化し、「デザイン・バイ・ブルゴーニュ」、「ジュラ山地」、「ヴォージュ山地」として、それぞれの個性を印象づけています。

ラグビーワールドカップ2023フランス大会 9つの開催都市

Press release

フランスは2023年の次回ラグビーワールドカップ開催国です。2020年12月14日には世界中が注目するプール組み分け抽選会がパリのブロンニャール宮で開かれますが、それに先立ち、2023年大会の開催都市となる9都市の情報をメディアの皆様にお伝えします。 大会前に知っておきたい9つの開催都市について徹底解説いたします。