Tous les articles

子供の頃から本物志向!パリの子供向け専門店

上質なものを日常生活に取り入れるパリの人たちですが、それは子供に対してだって同じです。子供にはとことん、よいものに触れさせる機会を作っているといっても過言ではありません。パリでは今、子供向けのオーガニックケア専門店やブティックが数多く存在します。

パリのオーガニックケア最前線

エッセンシャルオイル、石鹸、シャンプー、日焼け止めなど、パリでは、ボディやヘアケアに関するオールナチュラルかつ上質なオーガニックアイテムが続々と新登場しています。 対象は女性だけではありません。男性や子供向けのオーガニックアイテムも多く並び、男性や子供ですら上質なオーガニックアイテムを日常に取り入れていくことに関心があります。

パリジャン、パリジェンヌが集まる週末の蚤の市

パリといえば、エレガントな高級ブティックが立ち並ぶイメージが強いかもしれませんが、大衆的な一面も持ち合わせています。週末、土曜日から月曜日にパリ中の門の下で開催される「蚤の市」の存在です。パリの人々は、上質なアンティーク家具や、古本、コレクターズアイテムなどが手頃な価格で手に入る蚤の市が大好き!観光客にはあまり知られていない、地元民のみぞ知るマーケットも多く存在します。

香りを体感、パリのフレグランス事情

パリジェンヌから漂うエレガンスさは、フレグランスと切っても切り離せません。世界の最先端をいくパリのフレグランス。ここ最近のトピックといえば、フレグランスにおけるインターラクティブな体験ができる「香水大博物館」のオープンと、スキンケアやスイーツメゾンが展開する、独特の世界観を打ち出したフレグランスブティックのオープンでしょう。

クリュイCruis村のラベンダーの農家から名前入りのサシェをプレゼントされるくまモン

くまモンのフランス出張2017

Press release

熊本県のマスコットキャラクターで2017年フランス観光親善大使のくまモンが6月30日~7月10日までフランスへ出張いたしました。くまモンは、パリで毎年開催される日本のサブカルチャーの祭典「ジャパン・エキスポ」への参加の合間を縫って、プロヴァンス、ノルマンディー、パリ・イルドフランスの3地方を訪問。それぞれの観光地を訪れながら、地元自治体や観光局の責任者、現地住民との交流に参加しました。

時代と共に進化が続く、歴史あるプランタン百貨店

News

約150年の歴史を持つパリのデパート、プランタン・オスマンは、今年初めより大規模なリニューアルが続いています。ファッション、ビューティー、ラグジュアリーの先駆者であるべく、常に新しい提案を続けているプランタンは、3館のうち2館を完全リニューアル中、メンズ館とボーテ-メゾン館が場所を入れ替え、トータル20.000㎡が新しく生まれ変わりつつあります。

Pages