フランス観光開発機構、RWC2023仏大会にむけ大会組織委員会とパートナーシップ協定に調印

Press release

フランス観光開発機構とラグビーワールドカップ2023組織委員会は、フランスへの旅行者誘客を目的にRWC2023大会の国際プロモーションにおけるパートナーシップ協定に調印しました。

ラグビーワールドカップ仏大会をイベント面でも観光面でも成功へ

ラグビーワールドカップ2019年大会があと数日でフィナーレを迎える10月30日、フランス観光開発機構ならびにラグビーワールドカップ2023組織委員会は、フランスが2023年大会の開催国として立候補した3年前より築かれていた協力関係をさらに強固なものにする意思を表明しました。

日本での2019年大会実施の成功に敬意を表したこの二団体は、次大会となる第10回大会を、国外から60万もの観客が来仏し9つの試合開催都市を訪れる重大イベントと認識し、これをより魅力あるイベントとするため双方の力を合わせることに合意しました。世界209ヵ国で放映されるラグビーワールドカップは、フランスの観光デスティネーションが持つ魅力を国外に発信できるまたとない機会です。

今から2023年まで、フランス観光開発機構はラグビーワールドカップ2023年大会に関連する様々な国際プロモーションを図ってまいります。フランス観光開発機構が実施する各種施策(プレスイベント、旅行会社向けワークショップ、イベント等)の中で、またフランス観光開発機構が参加するイベント(国際見本市、フランス全土および地方レベルのPRオペレーション)の中で、そのコミュニケーション網を活用しながらワールドカップのプロモーションを行います。イベントやワールドカップに向けた特別キャンペーンを実施し、一般コンシューマー、メディア、国外の旅行業者に向けて意識づけを行い、特にチケット販売開始やチームの組合せ抽選会など、重要な局面でのPRを強化いたします。

フランスの様々な観光デスティネーションと協力して行う一連のプロモーションでは、フランスを躍動感に溢れ祝祭に満ちた場所として訴求します。試合をきっかけに訪仏するサポーターに滞仏期間を長期化させ、観光デスティネーションに足を向かわせるプロモーションを目指します。さらに、ワールドカップの期間中に海外からの訪仏客を最良の環境でお迎えするため、フランス観光開発機構は、外国人旅行者が旅先に期待することなどの情報ツールを、大会組織委員会へ提供します。

クロード・アチェ(ラグビーワールドカップ2023CEO)のコメント:

「経験に溢れ多様性を持つ国フランスが2023年大会のホスト国になる。このワールドカップは我が国を対外的に見せる最良の機会、我が国の旅行の魅力を発信するまたとない機会であると思う。フランス観光開発機構とのパートナーシップは我々が持つ共通の目標を一つにするもので、たいへん喜ばしい。その目標とは、世界すべての大陸から集まる旅行者に、スタジアムの中であれ外であれ、フランスのテロワールや歴史遺産を身近に感じながら、唯一無二の経験をしてもらうことに尽きる」。

カロリーヌ・ルブーシェ(フランス観光開発機構総裁)のコメント:

「フランスでのラグビーワールドカップ2023年大会は、フランスの旅行デスティネーションに付加価値を与え、国外からの訪仏客に試合の合間にフランス人との交流を通じてフランスのライフスタイルを知ってもらい、フランスを周遊してもらうまたとない機会だ」。

クリスチャン・マンテイ(フランス観光開発機構 経営委員会 会長)のコメント:

「209国でTV放映され、国外から60万人の観客を迎えるラグビーワールドカップのフランス開催は、観光業の発展に大きな弾みをつけるだろう。我々は2023年大会組織員会と共に協力し、この大会を成功に導きたい、そして訪仏客にこの国での類まれなる体験をしてほしい」。

Contact

フランス観光開発機構 広報部
1070052
Tokyo
Minatoku, 4-11-44, Minamiazabu
Atout France
c/o Ambassade de France au Japon
Japan